FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
04.22

相続相談(48)遺産分割までの賃料の帰属

相模原 相続相談ネットワーク(弁護士伊藤信吾)が贈るブログです。
橋本駅前弁護士事務所(弁護士法人相模原法律事務所従事務所)はこちらです。

 遺産の中に賃貸不動産がある場合に、その賃料は、遺産分割の対象となるのでしょうか。
 これは、一般的には、「遺産から生じる果実」の問題とされています(賃料は、法律用語では、「法定果実」と言われています。)。
 賃料は、相続開始によって共有となった財産を相続人全員が、相続開始後に使用管理して収益をあげているものです。
 そこで、賃料は、遺産とは別個の財産であり、共同相続人の共有財産となっています。

 実務では、かような考えから、各相続人が相続分にしたがって、賃料を取得する扱いになっています。この点については、確定した判例があります(最高裁平成17年9月8日判決)。
 その意味では、遺産分割は遡及効があるのですが、その効果を受けることなく、各相続人が持分に応じて、分割して債権を取得するものなのです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://souzokunet.blog.fc2.com/tb.php/48-faac2fd9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。