FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.25

相続相談(41)預金と遺産分割

相模原 相続相談ネットワーク(弁護士伊藤信吾)が贈るブログです。
橋本駅前弁護士事務所(弁護士法人相模原法律事務所従事務所)はこちらです。

 預貯金は、遺産分割の対象となるでしょうか。
 普通に考えると、預貯金は、遺産の重要部分であることが多く、当然分割の対象となると考えると思います。

 しかしながら、法律の世界では、ちょっとある種奇妙な論理があって、預貯金は、可分債権であり、相続開始により「当然に分割」されて、各相続人に法定相続分に応じて、帰属するとされています。
 判例でも、以下のような判例があります。
 最高裁判所平成16年4月20日判決「相続人が数人ある場合において、その相続財産中に金銭その他の可分債権あるときは、その債権は法律上当然分割され各共同相続人がその相続分に応じて権利を承継するものと解する。 」

 もっとも、現在の銀行実務においては、上記の判例を示したとしても、単純に法定相続分に応じた預金の払い戻しをすぐに認めてくれるものではありません。
 相続の紛争に巻き込まれないために慎重に対応しているのかもしれません。

 そのような場合には、やむを得ず金融機関を訴えるしかありません。訴え提起を予告して交渉するのも、ひとつの方法かもしれません。
 
 なお、遺産分割の調停の中では、特に当事者が異を唱え限り預金も遺産分割の範囲として協議をしています。そして、審判手続きにおいても、当事者が審判の対象として預貯金を含めることに合意するのであれば、審判という裁判所の決定の中で、預金についても分割することになります。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://souzokunet.blog.fc2.com/tb.php/41-9c67f74d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。