FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.08

相続相談(30)遺留分の時効3 ー 相模原 相続相談ネットワーク

Category: 未分類
相模原 相続相談ネットワーク(弁護士伊藤信吾)が贈るブログです。
橋本駅前弁護士事務所(弁護士法人相模原法律事務所従事務所)はこちらです。

遺留分の請求をしたが、その後、手続きを放置した場合には、遺留分の行使の結果で手にした請求権も失ってしまうのでしょうか。

この点、判例では、遺留分権利者が減殺請求により取得した不動産の所有権又は共有持分権に基づく登記手続請求権は、時効によって消滅することはないとされています。

もっとも、遺留分の請求の結果、金銭の返還請求の場合は、不当利得返還請求権として10年の消滅時効にかかることになります。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://souzokunet.blog.fc2.com/tb.php/30-288ee299
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。