FC2ブログ
2014
04.19

相続相談(43) 現金は遺産分割の対象か

相模原 相続相談ネットワーク(弁護士伊藤信吾)が贈るブログです。
橋本駅前弁護士事務所(弁護士法人相模原法律事務所従事務所)はこちらです。

 現金は、遺産分割の対象となるのでしょうか。
 この点、一般的には現金は遺産分割の対象となって、調停・審判事項とされています。

 金融機関に対する預貯金は、いわゆる法定相続分に応じた、当然分割ということで、遺産分割の対象にされませんが、現金は、金融機関のような第三者がいるわけでもなく、法律関係が錯綜することもないこともあって、当然分割とはされていません。

 ですから、遺産分割をしないで、当然に法定相続分に応じた金額を請求することはできないことになります。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top