--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.23

相続相談(38)相続と電話加入権

Category: 相続相談
相模原 相続相談ネットワーク(弁護士伊藤信吾)が贈るブログです。
橋本駅前弁護士事務所(弁護士法人相模原法律事務所従事務所)はこちらです。

電話加入権は相続の対象となるのでしょうか。

電話加入権は、定義すると、NTT東日本・西日本の加入電話回線を契約・ 架設する権利のことです。

電話加入権は、これまでは、財産的価値がそれなりにあったので、相続の対象ととなるとされてきましたが、現在では、財産的な価値がないために、実際上、遺産分割の対象として明示されていません。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
03.23

相続相談(37)遺産の帰属と審判

Category: 相続相談
相模原 相続相談ネットワーク(弁護士伊藤信吾)が贈るブログです。
橋本駅前弁護士事務所(弁護士法人相模原法律事務所従事務所)はこちらです。

遺産分割の前提として、ある遺産が、本当に遺産であるのかが争いになることがあります。

例えば、誰かが遺産について「遺産ではなく自分の所有物だ」と主張しているような場合です。

この点、判例では、可能とされています(最大決昭和41年3月2日)。

ところが、現実の実務はそのように運用されていません。実際には、遺産の範囲に争いがある場合には、遺産分割申立事件の取り下げを促され、訴訟での確定を求められます。

家庭裁判所は、権利の存否を最終的に確定するところではなく、権利の存否は、地方裁判所の訴訟によるべきだという考えからだと思われます。

家庭裁判所で、遺産かどうかを判断しても、これに不服な当事者が裁判をすることは可能なので、家裁での判断が、無駄になる可能性があるということです。

実際は、当事者双方が迅速な判断を求めていたとしても、やはり裁判所は慎重に訴訟手続での確定を求めることと思われます。

Comment:0  Trackback:0
2014
03.23

相続相談(36)遺産分割の審判時に財産がない

Category: 相続相談
相模原 相続相談ネットワーク(弁護士伊藤信吾)が贈るブログです。
橋本駅前弁護士事務所(弁護士法人相模原法律事務所従事務所)はこちらです。

相続時に存在した財産が、遺産分割の調停時にはなくなっている場合があります。
相手が、勝手に預金を降ろして使ってしまったような場合です。

このような場合に、それまでは財産があったということで、あくまでも遺産分割を求めることができるでしょうか。

遺産分割を求めたい気持ちは、わかりますが、実際には、遺産分割は分割時に現存するものについてのみ行います。

判例でも、東京家裁昭和44年2月24日決定が、「相続開始当時存在した遺産たる物件であっても、遺産分割の審判時に現存しないものは、分割審判の対象とすることはできない」と明示しています。

Comment:0  Trackback:0
2014
03.09

相続相談(33)遺言書の隠匿 - 相模原 相続相談ネットワーク

Category: 相続相談
相模原 相続相談ネットワーク(弁護士伊藤信吾)が贈るブログです。
橋本駅前弁護士事務所(弁護士法人相模原法律事務所従事務所)はこちらです。

遺言書を隠匿したら,相続権を失うことになります(民法891条5項)

しかしながら,どんな場合でも相続権を失うのでしょうか。

この点,上記の民法891条5号の趣旨は,遺言に関し著しく不当な干渉行為をした相続人に対して相続人となる資格を失わせるという民事上の制裁を課すことにあります。

とすれば,遺言書の破棄又は隠匿行為が相続に関して不当な利益を目的とするものでなかったときは、これを遺言に関する著しく不当な干渉行為ということはできません。

このような行為をした者に相続人となる資格を失わせるという厳しい制裁を課することは、同条5号の趣旨に沿わないことになります。

そこで,相続人が相続に関する被相続人の遺言書を破棄又は隠匿した場合において、相続人の右行為が相続に関して不当な利益を目的とするものでなかったときは、右相続人は、民法891条5号所定の相続欠格者には当たらないものと解されています(最高裁平成9年1月28日判決)。
Comment:0  Trackback:0
2014
03.08

相続相談(28)遺留分の時効 ー 相模原 相続相談ネットワーク

Category: 相続相談
相模原 相続相談ネットワーク(弁護士伊藤信吾)が贈るブログです。
橋本駅前弁護士事務所(弁護士法人相模原法律事務所従事務所)はこちらです。

遺留分減殺請求も時効があります。
権利があるのに放置していると、時効により請求ができなくなります。

遺留分権利者が相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知ったときから1年で時効になります。、
さらに、相続開始の時から10年以内に行使する必要があります。

なお、遺留分減殺請求権の消滅時効は遺留分権利者ごとに進行しますので、権利者が数人いれば、その一人ひとりが権利行使をする必要があります。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。